More

    その他 - ページ 5

    PoWからPoSへ 新しいマイニングの形

    関係者の多くが次にくるマイニングとして紹介してくれたのが、PoS時代のマイニングです。PoWとは、Ploof of workの略で、CPUやGPUといったパソコンの計算機能を使って、合意された取引であることを証明する作業です。一方でPoSはPloof of Stakeの略で、株を買うような感覚で仮想通貨を一定量購入し合意された取引であることを認める承認者になることを言います。

    Q:マイニングって今から始めても儲かりますか?A:やり方次第で儲かります。他の取り組み方もチャレンジ可能です。

    ―ずばり伺います!マイニングは投資としてオワコンですか?田中さん:仮想通貨の相場が高く、参入者が少なく、採掘難易度自体が現在よりも低水準だったころに比べて、2022年5月現在の採算性がかなり悪化したのは確かです。

    NFTとは?仮想通貨が乱立する背景

    NFTとは、ブロックチェーン技術を活用して、デジタルなデータが唯一無二であることを証明することができる仕組みです。そこには希少性が生まれるため、価値が紐づいていきます。2021年はブロックチェーン技術が仮想通貨や分散型金融だけではなくこうしたデジタルな作品を保証する仕組みとして注目された年だったといえるでしょう。

    Q:暗号資産って何を期待してみんな投資しているの?A:あれはベンチャー投資みたいなもの

    仮想通貨って、関心がない人からみると値動きの激しい金融商品にしか見えないと思うんですが、実はそれぞれ独立したベンチャー企業家のような開発の中心者がいて、ブロックチェーン技術を使ってビジネスとして仮想通貨を使った新しいサービスを提供しようとしている一大ムーブメントなんです。

    稼げるブラウザ?!Brave(ブレイブ)に注目!

    稼げるブラウザ!として最近注目を集めているBrave(ブレイブ)とは?

    2022年上半期は靴系アプリが話題を席巻!WEB3.0らしさあふれるNFTゲームの代表格STEPN

    STEPNは「アプリをスマートフォンにインストールしてから現実世界で歩いたり走ったりすることで仮想通貨を稼ぐことができるNFTゲーム」です。

    暗号資産は儲かるのか?マイニングは?

    仮想通貨、暗号資産など名称を変えながらも、投資家から大きな注目を集めるアルトコイン。国家が発行する通貨に代替する通貨としてだれかが与信を付与しているわけではない資産は値動きの激しさをよく知られるものの、実態をよくしらない方も多いはず。この分野は果たして儲かるのか、損しないのか、詐欺などの心配はないのか?暗号資産とよばれることになったアルトコインの代表格がビットコイン。だいぶあがったとニュースで取り上げられることも増えたが、過去のデータを一度振り返ってみよう。
    spot_img

    Latest articles

    Newsletter

    Subscribe to stay updated.